清潔に、美しく、快適に。モデル社で上質のクリーニングを。

清潔に、美しく、快適に。
モデル社で上質のクリーニングを。

よくある質問Q&A

よくある質問

Q
ドライクリーニングはどのような洗い方をするのですか?
A
ドライクリーニングとは水を使用しないで「有機溶剤」という液体で洗う方法です。
一般的に洗濯表示が水洗いが出来ないウールやシルク製品の洗浄に適しています。
特徴として縮みや風合い変化が少なく、油性の汚れがよく落ちます。反面、汗、
食べこぼしなどの水溶性の汚れは落ちにくいです。弊社ではパークロロエチレンと
石油系溶剤を使用しております。
Q
シミを付けてしまいました応急処置を教えてください
A
まずは”こすらない”でください。生地の表面が毛羽立ち白っぽくなることがあります。
タオルやティッシュなどで軽くたたきながらシミを吸収させることをお勧めします。
その後は出来るだけ早くモデル社の「しみ抜きコース」でお出しください。
Q
どんなシミでも取れますか?
A
シミの種類、時間の経過で取れないシミもあります。また生地の状態によってはしみ抜きが行えない場合もあります。
衣類の持つ「染色」「風合い」を損なわないように少しでも薄くなるよう努力します。
モデル社では毎年「しみ抜き講習」を行い技術革新に取り組んでいます。
Q
家での保管方法は?
A
お持ち帰られた際には、ポリカバーから衣類を取り出していただき保管をしてください。クリーニングのポリカバーは保管用ではなく、仕上がったものを汚さずお持ち帰りいただくための包装です。そのまま収納すると湿気がこもりカビの発生原因となります。
Q
クリーニングの過程で品物が傷んでしまったらどうなるの?
A
クリーニングの過失により損傷・紛失などの事故が起きた場合、「クリーニング事故賠償基準」に基づき保証させていただきます。
ボタン・装飾品の紛失・損傷はできるだけ同じものと交換いたします。
以上の対応期間は仕上り日より1ヶ月以内とさせていただきます。
Q
洗濯絵表示が全て×になっているんですがクリーニング店なら洗えますか?
A
皮革製品については専門業者でクリーニングできます。一般衣料については商品を作られたメーカーさんが「洗えない」と判断をして全てに×をつけているので、当店でクリーニングをして事故が発生しても補償の対象外となります。
衣類の購入時には洗濯絵表示に全て×がついていたら店員さんにご確認のうえでお買い求めになることをお勧めいたします。
Q
仕上がりに満足できない場合はやり直しできますか?
A
遠慮なくお申し付けください、何度でもやり直しをさせていただきます。
それでも満足していただけない場合はご返金させていただきます。
再洗いをして落ちないシミにつきましては「しみ抜きコース」をおすすめします。
Q
集配はしていますか?
A
弊社では集配はしておりません。宅配クリーニング「リアクア」をご利用ください。
詳しくはトップページにあるバナーをクリックしてください。

PAGE TOP